このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有



今回紹介する・・・マミヤンアロエ
アロエの薬用トニックは、髪にハリコシをあたえ強い髪がよみがえるとのこと・・・
凄いトニックじゃん・・・って思い・・・早速ドリームにも商品も入れました。。
最近・・・よくお風呂場で髪の毛が抜けるな~~っておもい使ってたところ・・
抜け毛が減ってきたように思います。。

お客様にもヘッドマッサージにも使っていますが、髪の毛の細い方に使うとボリュームが出やすく感じますね♪

粘性は、少しありますが・・・べたべたと言うよりもサラサラって感じです。

安いので、お買い得感はありますよね♪

医薬部外品 150ml 3,000円

アロエの品質の管理が凄く気に入っています。。
パンフレットから写真を撮りました!









アロエ薬用トニックの主な特徴
●主成分であるアロエは、髪にハリ・コシをつけ、抜け毛を減らします。
  ①アロエの保湿のはたらき
    髪の土台である頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮の状態を整えます。
頭皮が乾燥すると皮膚は硬くなり、毛細血管が流れにくい状態を起こします。血行の悪くなった頭皮は毛根に栄養を与えることができなくなり、髪は次第にやせ、抜け毛の原因となります。
水の少ない場所でもたくましく行きぬくアロエの保湿力は歴史的にも実証済みです。頭皮をたっぷりうるおしバランスを整え、抜け毛を減らします。
  ②アロエのコート力
    アロエに含まれる樹脂成分が薄い膜となって、髪をコートします。天然成分によるコート膜なので、自然な感触で髪にハリ・コシをつけ、ふんわりスタイリングしやすくします。また、コートすることにより、うるおいを逃がさず、長時間乾燥を防ぐ為、フケ・かゆみを抑えます。
  ③オリジナル抽出法
    アロエ薬用トニックには、オリジナル抽出方法で得られたアロエの中の希少成分を強化配合しています。同じアロエといっても、抽出方法で得られる成分は随分と違ってきます。弊社は40年前にその希少成分を配合した原形のアロエトニックを発売し、多くの方よりご支持を頂いております。
●育毛・養毛に必要な薬用成分がバランスよく配合されています。
  カンゾウエキス・アラントイン(頭皮の炎症を抑え健やかに保ちます)
  ニコチン酸アミド・パントテン酸(血行を促進し、毛母細胞の働きを活発にします)
●刺激感のない快適なトニックです。
  肌に心地よくなじみ、負担感がまったくないトニックです。また、負担感がない為、頭皮が開放され、有効成分の浸透をよくします。
●アルコール分を抑え頭皮をやさしくいたわります。
  通常トニックはアルコール分が多く(50%以上)配合されています。アルコールは肌を殺菌するはたらきがある一方、アルコールが蒸発する際、水分も一緒に蒸発させ、肌の乾燥を招く欠点もあります。アロエ薬用トニックではアルコールを約20%まで抑え、しかも、このアルコールの水分蒸発作用をアロエで補い頭皮をやさしくいたわります。
     


トニックの 短期、中期、長期的効果?!

www.mamiyan.co.jp/tonic-1.htm

美容展示会報告

www.mamiyan.co.jp/20041018-3.htm

【使用法】
シャンプー後、タオルドライしてから、直接頭皮につけ、すりこむようにしてなじませて下さい。乾いた髪にもご使用なれます。朝晩二回。


医薬部外品 150ml 3,000円


成分
水、エタノール、ギダチアロエエキス-2、グリチルリチン酸2k、ナイアシンアミド、パンテノール、アラントイン、ヒアルロン酸Na、コンドロイチン硫酸Na、カルボキシメチルキチン、メントール、グリセリン、PEG-40-水添ヒマシ油、メチルパラベン、エチルパラベン

泉佐野・日根野・・・でのお買い上げの時には是非ヘアーメイクドリームまでお問い合わせくださいませ♪
072-469-2887

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">